古典を“奏でる”

古典を奏でる・ステージ言葉と音で古典を“奏でる”

11月1日は「古典の日

その「古典の日」にちなんだイベントが
金沢市立玉川こども図書館で開かれた。

古典の日~物語コンサート

そのイベントに
ワークショップ<“声読”の楽しみ>の生徒さんたちの集まり和ぼっこが出演した。

中学生~大人に古典を親しんでほしいという図書館からの依頼。

<strong>尺八・盛本 芳久</strong> さん と” title=”尺八・盛本 芳久 さん と” align=”Bottom” width=”192″ height=”140″ border=”0″ /></a></p>
<p>「平家物語」「枕草子」「おくのほそ道」などなど・・</p>
<p>よく知られた古典の数々を構成して、和ぼっこと尺八奏者・盛本 芳久 さんとで“奏で”た。<br />
(私も端っこに参加)</p>
<p>いろいろな人たちがご好意でスタッフとして入って下さった。<br />
おかげで、幻想的な空間が生まれた。<br />
「平家物語」「枕草子」「おくのほそ道」などなど・・</p>
<p>よく知られた古典の数々を構成して、和ぼっこと尺八奏者・盛本 芳久 さんとで“奏で”た。<br />
(私も端っこに参加)</p>
<p>いろいろな人たちがご好意でスタッフとして入って下さった。<br />
おかげで、幻想的な空間が生まれた。<br />
<a href=端っこで参加・・・
”古典の言葉って、
音楽を聴いているみたい
日本語って綺麗だな”
って、多くの人たちに感じていただけたら嬉しい。

詳しくは、<ワークショップ>へ
静寂の世界・・・・

「平家物語」「枕草子」「おくのほそ道」などなど・・

よく知られた古典の数々を構成して、和ぼっこと尺八奏者・盛本 芳久 さんとで“奏で”た。
(私も端っこに参加)

いろいろな人たちがご好意でスタッフとして入って下さった。
おかげで、幻想的な空間が生まれた。

<画像をクリック!>

カテゴリー: 図書館, 語り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です