語りとチェロで“学校公演”

「セロ弾きのゴーシュ」昨年のことになるけど・・・12月はじめ、<語りとチェロ>での学校公演があった。
チェロは、大阪フィルハーモニーのチェロ奏者・
林口 眞也 さん

金沢市立M小学校。
1年生と2年生と3年生は、それぞれ、チェロのひととき。
その中で、チェロの演奏に乗せて、私も短い詩を語った。チェロに乗せて詩を朗読

子ども達から、いろんな質問が出てきた。

“何故、チェロはそんな形をしているのですか?”
“それ(弓)は何で出来ているのですか?”
“チェロの下にある(ピン)のは、何ですか?”
“なぜ、演奏するときに眼をつぶるのですか?”
・・・・・・・・etc.

子どもたちからの質問

そして、4年生から6年生は、体育館で、語りとチェロによる「セロ弾きのゴーシュ

「セロ弾きのゴーシュ」のイメージのアニメーションを5分くらい流して、そのあとで語りとチェロで「セロ弾きのゴーシュ

11月終わりの予定だったけど、新型インフルエンザが大暴れし、学年閉鎖があったため、12月に延期になった。
新型インフルエンザの影響が自分にも降りかかってくるなんて・・・考えてもみなかった。

ステージまで届く熱気!ステージにいても、子ども達の熱い、きらきらするまなざしを身体中に感じた。

「セロ弾きのゴーシュ」が終わり、アンコールのチェロ演奏「白鳥」が始まって、ステージから降りたとき、ぴりっとひきしまったような空気を感じて、現実に戻った気がした。
<画像をクリック!>

カテゴリー: 学校, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です