本田和・語りの世界in神戸

神戸・里夢・リーフレット前日はどしゃぶりの凄まじい雨だったのに、
その日の神戸・六甲は、晴天!
“雨女”の私としては、天の恵みに思えた。

阪急六甲駅から、山に向かってゆるやかな坂を歩きながら、思わず青空に向かって、
“ありがとう! いいステージにします!”

チェロ・林口真也さんと2月27日の
<本田和・語りの世界>の会場は、
神戸・六甲の
音楽ホール&ギャラリー・里夢 SATOM

里夢で語るのは、ほぼ2年ぶりになる。
“ただいま~~”って、“帰って来た”という感覚。

里夢のマネージャーN・Hさんに、
お帰り~~と迎えていただいた。
里夢のHP内イベントを!>

もう、何度もご一緒している
チェロ;大阪フィルハーモニー管弦楽団チェロ奏者 林口 眞也 さん
クラシックギター;クラシックギター・谷内直樹 さん 

ギター・谷内さんと

本田 和・語りの世界 ~セロ弾きのゴーシュin 神戸
の【プログラム】は、
語りとチェロによる「蜘蛛の糸」(原作・芥川 龍之介)
語りとギターによる「智恵子抄」(原詩・高村 光太郎)
語りとチェロによる「セロ弾きのゴーシュ」(原作・宮沢 賢治)

里夢での語りだいたい一年に一回している神戸での語りのライブは、今回で6 回目。
始めの3回は、岡本。
そして、そのあと、六甲へ。
里夢での語りは3回になる。

嬉しいことに、たくさんのお客様が来て下さった。

そして、ありがたいことに、一回するたびごとに、スタッフが増えていく。
今回もたくさんのスタッフに助けてもらった。

また、1年後、神戸・六甲・里夢に帰ろうと思っている。 
<画像をクリック!> 

カテゴリー: ギャラリー, 本田和の語り, 神戸・六甲ライブ, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です