世にも”怪しい”物語り

3月7日は白山市美川町で語りました。

「世にも”怪しい”物語り」~美しく怪しげな物語をチェロの調べに乗せて~

怪しく、切なく、怖い物語の数々。

言葉とチェロの音色が響きあって、新しい空間を感じ、

語りながら、その空間を楽しんでいました。

チェロは大阪フィルハーモニー交響楽団の林口眞也さん。

新型コロナの感染リスク回避のため、

語る私の前にはアクリル板、チェロの林口さんはマスク。

お客様は限定20人、

主催の美川図書館、公民館の方々が、様々な対策をしてくださっていました。

新型コロナの影響で昨年延期になっていましたが、今年は無事開催。

語りが出来るって、ほんとに嬉しい!

これ以外の言葉が見つからないくらい嬉しかった。

 

 

カテゴリー: 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です