「ジャズと聴くハードボイルドの男たち」

9月20日はキッシュの店QUIクゥーイで投げ銭ライブでした。

白山の山懐・獅子吼高原の麓にあるキッシュの店QUIクゥーイ。

”投げ銭”ライブなので、たまたまクゥーイにいらしたお客様で興味のある方に聴いていただく・・・そして楽しんでいただけたら、ステージ横の袋にお志を入れていただく・・・というライブです。

タイトルは、「ジャズと聴くハードボイルドの男たち」

須藤雅彦さんのジャズギター、須藤慶子さんのジャズピアノと一緒に。

チャンドラーのフィリップ・マーロウをはじめハードボイルドの男たちを語りました。

ジャズとハードボイルド、こんなに溶け込むなんて!

語りながらあらためて感じました。

別れたくないのにそう言えない、

意地を張ったり、強がりを装ったり・・・男の矜持でしょうか。

それもハードボイルドの魅力ですね。

前々から語りたいと思っていたハードボイルド!

前々からご一緒したいと思っていたジャズギターの須藤雅彦さん、ジャズピアノの須藤慶子さん。

やっと実現しました。

もっともっと回を重ねて行きます!

カテゴリー: ジャズ, ハードボイルド, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です