語りと舞による「絵本の春」(泉鏡花・作)

4月29日午後5時(逢魔が時・黄昏時)から

金沢・浅野川近くの町屋塾で、

舞のうつのみやちかさんと、

泉鏡花の「絵本の春」を語りと舞で表現しました。

「絵本の春」は金沢の一本の古小路が舞台です。

そして、そこに出てくる大川は浅野川

少年を誘う古小路は暗がり坂でしょう。

町屋塾は、まさにそのすぐその近くにあります。

言葉と舞のコラボレーションは、

そのときそのときに生まれてくる空気に触れ、

泉鏡花が綴った幻の世界に入ったり・・・・

現実に戻ったり・・・

生の空間で生まれてくる世界を身体中で感じました。

カテゴリー: おたより パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。