季節は巡る・・・“月”とともに

3月3日の桃の節句の宵、<二十四節気を奏でる“月”>が終わった。
金沢市民芸術村パフォーミングスクエアにて。

尺八・平林 火山 さん、
箏・丹羽 聖子 さん、岩井 久美 さん
十七弦・丸岡 映美 さん、
シンセサイザー・たきざわ たく さん、
和太鼓・良鳴 竜一 さん、
と。

リーフレット私はそれぞれの季節の語り<古典から俳句、和歌、詩、物語など>をした。

それぞれ、ご自分の演奏の世界を持った方々ばかりで、私はピンと背筋が引き締まるような心地よい時間だった。

一緒にステージを創った“夢のような”時間が“終わった”・・・・
夢から現実に戻ってしまったときのような気がしている・・・・

月とともに、春・夏・秋・冬・・そして再び春、と1年を巡った。
90分のステージで、1年という長い旅をしてきたようだ。
浦島太郎が竜宮城で過ごした時間みたい。

またこの演奏家の方々とご一緒出来るときを心から楽しみにしている。

あの夜、聴きに来て下さった方と、今日、偶然出会った。
「公演が終わって、会場の外に出たら、大きな綺麗な月が出ていたんですよ」
と言われた。

よかった!
一段落して私が空を見たときは、月は雲に隠れて見えなかった。

*** *** *** *** *** ***   
CDジャケット 
本田和とキャッシー・スパニョーリによる
日本語と英語の掛け合いの語りのCD 
 “ふたつの声の物語” CD<うぐいす姫>発売中

“音楽のように美しく調和する二つの声” をお楽しみ下さい。

日本語を母国語とする人も、
英語を母国語とする人も、
物語を楽しめます。

また英語を学んでいる人にも、
日本語を学んでいる外国の人にも、
お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

  *** *** *** *** *** *** 

カテゴリー: 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です