野町ライブ~ガレリアポンテにて

5月27日夜は第5回・野町ライブだった。

今回は、アンダルシアのエレジー “朗読とクラシックギターのための《プラテーロとわたし》”
詩人・ヒメネスが綴ったスペイン・アンダルシア地方の小さな村・モゲールでの日々。

ヒメネスは「プラテーロ」という名のロバと一緒に故郷・モゲールで過ごす。
モゲールでの美しい風景、感じたことなどを、たくさんの詩に綴っていく。
それが散文詩集「プラテーロとわたし」

私は、この作品が好きで好きでたまらない。
この“プラテーロ”を語っているとき、嬉しくて嬉しくてたまらない。
身体中で、そう思う。
ロバのプラテーロが、ほんとに私に身体をすり寄せてくるような気がする。
毛の感触、ひんやりとしている(であろう)鼻づら・・・
そんなものまで、生々しく感じる。
次は、いつ、“プラテーロ”が出来るかな・・・って、待ち遠しい気持ちでいっぱいになる。

クラシックギター・谷内直樹 さん と。
谷内さんとは、この「プラテーロとわたし」きっかけで、いろいろな作品でご一緒するようになった。

今年も、会場は、 ガレリアポンテ  さん (金沢市野町1-1-44)

ガレリアポンテさんでの野町ライブは、今年は、スペインアンダルシアが舞台。
ギャラリーは、いろいろな世界を創りだしてくれる。

さあ、来年はどんな世界を創ろうかな。
<画像をクリック!>

カテゴリー: ギャラリー, プラテーロとわたし, 語り, 金沢・野町ライブ, 音楽 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です