語りによる「宗左近~炎える母」

来年の3月11日(土)14:00~15:00は、 本田和の語りによる宗 左近~炎える母」の初演です。

1945年5月25日『東京大空襲の日』、
一人の男子学生は母を疎開先の福島に送るため、
東京駅がある上野に向かう途中で空襲に遭います。
二人は互いに手を繋ぎ、燃えさかる炎から逃れようとしますが、
母は炎の中で転倒し、男子学生は母を置き去りにし一人、生き延びました。
その男子学生は、二十年後に、その体験を詩に書きます。
それが、宗左近が綴った詩集・『炎える母』です。
1978年に第六回歴程賞を受賞した『炎える母』を、“語り”で表現します。

大事にあたためてきた宗左近さんの詩の語り、
ガレリア画廊村上 弥生 さんのプロデュース、
この語りのために、新谷 美樹夫さんが音楽を、
芝崎 曜子さんが動画をつくってくださいます。

            語り;本田 和
        プロデュース;ガレリア画廊
  音響&音楽コーディネート;新谷 美樹夫 
     イラストレーション;芝崎 曜子

会場;STUDIO L.F.I
      金沢市上荒屋1丁目242-1  (076-249-8911)
入場料;1000円
主催;ガレリア画廊
お問い合わせは、076-273-0403 ガレリア画廊 

  

そして、チラシのデザインは、斉藤 慶さん。

頼もしい仲間と一緒です。

<画像をクリック!>

カテゴリー: スタジオ, 宗左近~炎える母, 語り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です