もう虫の音が・・・・

暑い!一日になった。
熱中症で倒れた人もたくさんいるらしい。

中学生時代は、テニス部。
毎日毎日、テニスにあけくれた青春だった。
その頃は、トレーニングのなかに「うさぎ跳び」が入っていた。現在では膝を痛めるとかで、してはいけないトレーニングなのに。
テニスコートをうさぎ跳びで何週かしたあとは、足ががくがくして歩けなかった。

夏休みなど、学校が休みのときは、一日中テニスができるので嬉しかった。
でもその頃は、喉が渇いても、水やお茶は飲ませてはもらえなかった。水分を取るとバテててしまう、と信じられて?!いたから。
コーチから許されるのは、食事のときは別として、10時と3時の休憩のときの麦茶のみ。それも塩が入っていて、とても美味しいとは言えなかった。
現在ではもちろん、水はたっぷりたっぷり飲むことが大切。

お茶当番に当たると嬉しかった。
お茶を入れてもらいに大きなヤカンをさげて校務士さんの部屋に行くと、校務士さんが、“かわいそうに”といって、内緒でお茶を飲ませてくれた。砂漠の中でありついた水って感じ。校務士のおじさんの優しい声がいまも聴こえる。

夏休み初日に、暑さに負けたのか、貧血を起こしてふらふらとコートに座り込んでしまった。
「日ごろの練習が足りない証拠だ」とコーチの声が、遠くのほうで聞こえた。

しんどかったこともあるけど、それより、朝から夕方までテニスができるのが嬉しくて嬉しくて。

もうひとつ嬉しかったのは、休み中は近くのうどん屋さんからうどんを注文してもいいこと。
練習が終わった夕方、上級生も一緒にそれぞれにうどんを注文して、うどんを食べながら、みんなで、トランプのナポレオンをして楽しんだな・・・・

暑い夏の思い出がどんどん浮かんでくる。

もう、8月中旬。
昼間は暑いけど、夜になると、虫の音がにぎやかに聴こえる。
風も心地よく、ひんやりとしてきた。

確実に、夏から秋に向かっている。

*************
CD[セロ弾きのゴーシュ」ジャケット “三つの音が調和する 幻想的な語りと音楽の世界” 
本田 和の2枚目のCD、完成・発売中

CD<セロ弾きのゴーシュ>~本田 和・語りの世界~

1.語り&チェロ
蜘蛛の糸」芥川龍之介 原作、宗像 和 構成・作曲
2.語り&クラシックギター
智恵子抄」高村光太郎 作詩、宗像 和 構成・作曲
3.語り&チェロ
セロ弾きのゴーシュ」宮沢賢治 原作、宗像 和 構成・作曲
ジャケット裏
語り・ものかたり人;本田 和、チェロ;林口 眞也、クラシックギター;谷内 直樹

2,000円(税込み)

リーフレット試聴できます(タイトルをクリック!)
蜘蛛の糸
智恵子抄
セロ弾きのゴーシュ

詳しくは、CD<セロ弾きのゴーシュ>~本田和・語りの世界~
<画像をクリック!>
******************

*** *** *** *** *** *** 
一枚目のCDは・・・  
うぐいす姫CDジャケット本田和とキャッシー・スパニョーリによる
日本語と英語の掛け合いの語りのCD
 
 “ふたつの声の物語” 
CD<うぐいす姫>
発売中

“音楽のように美しく調和する二つの声” をお楽しみ下さい。

試聴できます<その1>「うぐいす姫」より01 トラック 1
試聴できます<その2>「うぐいす姫」より02 トラック 2
試聴できます<その3>「鬼は外」より03 トラック 3 

日本語を母国語とする人も、
英語を母国語とする人も、
物語を楽しめます。

また英語を学んでいる人にも、
日本語を学んでいる外国の人にも、
お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

カテゴリー: 自然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です